FC2ブログ
いつも笑顔でいるために手抜きしながらおいしくごはんをモットーに いっちゃんとの事、孫っちとの事、 あたしの事、時には愛してやまない大ちゃんのことなど綴っていきます
あの〜またですか? 
2020/05/12 Tue 10:02
たくさんあるブログの中から
こんな適当な型マイペースブログを見に来てくれてありがとう
未婚シンママの大ちゃん大好きアラ還いつママのブログへようこそ(^○^)

拍手、応援 ありがとうございます。
読み逃げ&ポチ逃げでも全然大歓迎です!!!
笑顔の元になります
参加していますので、1日1回、ポチッとね
FC2ブログランキング←よろしくお願いします。

ポチッと、応援よろしくね


未婚シングルマザー ブログランキングへ

このブログを昔から読んでいただいている方なら
よくご存知だと思うのですが

うちの、ちょっと考えが足りません。

先日の日曜日にも、久しぶりにやらかしてくれました。

日曜日に買物へ出かけたのですが、
最近、がちょっと抜けにくくなっていて
を閉めたり開けたりした時に
がなかなか抜けないんです。

で、買物へでかける時に
を閉めたのですが
なかなか抜けなくて
無理やりにひっぱったんでしょうね。
で、その瞬間にが折れたんでしょうね。
でも、それには気づかずにそのまま買物へ〜

で、帰ってきた時に、あたしがを開けようとしたら
折れた先の鍵がささった状態で
ちょっとだけ見えてました。
そう、見えてるので
ペンチか何かを使えば取れますよね?

あたしが手で一生懸命抜こうとしたのですが
やはり、手では抜けない。
これをやっている時には、
は自分の鍵が折れてたことに気づいてなかったので
「鍵が折れてない?」と声をかけたところ
自分の鍵を確認して
「あ、折れてる〜」と。
車に荷物がある状態でドアを開けたままだったので
とりあえず、あたしはドアを閉めてから
対策を考えようと思い
その場をと交替しました。

そしたら、すぐに「鍵開いたよ〜」と
荷物を取りにくる
「でもさ、鍵の先が入っちゃったよ。」
え?????
なんで?なんで?
娘は、折れた鍵を使って押し込んで開けてしまったのです。

普通、分かりますよね?
折れた鍵を差し込んだら、先が中に入って取れなくなるって!
分かりますよね?
なのに、娘は何の躊躇もせずに
それをやってしまったのです。

そりゃ、入っちゃうに決まってるでしょ。
なんで、そんな事しちゃったの?
と聞くと
「だって、開けてって言ったのかと思って。」と
いやいや、見てみてと言ったんだよ。
ちょっと出てたんだからさ。
中に完全に入れちゃったら取れないの分かるじゃん!
と、言ったら
今度は荷物も運ぶのも手伝わずに
ネットで調べ始めるし。。。。。
自分がしてしまった事、あんまり反省しないんですよね。
で、こちらが意見すると、逆ギレみたいになって
本当に困ったものです。
もう、自分も親なんだから、しっかりして欲しいです。

娘、過去に、鍵を折ってしまったこともあるし
鍵をなくしてしまって
家の鍵穴に何かを詰めこんで開けようとしたり
本当に、なんで?って事が多々あります。

鍵については、ネットで調べたら、折れた鍵に瞬間接着剤をつけて
残っている先をくっつけて取る。
という方法もあるみたいなのですが
もともと抜けにくくなっていたから
おそらくその方法では抜けなくて
もっと悲惨な状態になってしまうでしょうね。
なので、鍵屋さんを調べて頼むことにします。

現在、折れた鍵で閉めたり開けたり出来るので
ちゃんとした鍵屋さんを調べてお願いしようと思います。

榎本径が本当にいたらな〜

..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..

今日の誕生花はジギタリス♪
花言葉は熱い思いは隠せません♪

..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..

最後まで読んでくれてありがとう
お時間ありましたら、コメント頂けると嬉しいです!

コメントへのお返事は
コメント頂いた記事のあとに載っています。

お時間のある時にでもコメント欄を覗いてみてくださいね。
(ちょっと返信遅れる時もあります。ごめんなさい。)

基本的に鍵コメの方は理由あって鍵コメなので
返信はしないことにしています。

..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..☆'..*'..★'..*'..

いきものポスト(里親募集中)




下の気になった所は遠慮せずにポチッと

なにが入っているかな\(^○^)/



素敵なレンタルサーバ








関連記事
スポンサーサイト



TRACKBACK --  |  COMMENT (0)  | 編集
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する